無料ブログはココログ

« 難病の方への発信 | トップページ | 介護の為の辞職回避へ家庭用電位治療器の情報提供及び活用提案 »

2008年9月 8日 (月)

電位医療器の効能立証手法誕生では?!

下記研究装置はパワーヘルス、ヘルストロンの効能発揮メカニズム解明にも使えそうな気がしますがいかがでしょうか?特に、古谷博士の理論、命にとって重大な影響の有る順にその悪化病状が発するパルスを識別し生体電子が病を治していくしたがってパワーヘルスにかかっていても軽い病・異常が治らない場合5臓等に病があったりする場合(生命に関わる重い病から直していく為)と解説されている理論の立証を支援する手法となるのではと考えられますがいかがでしょうか。

“9月8日の日経朝刊の記事、松下電器産業子会社アルファメッドサイエンス(大阪府門真市)...iPS細胞の働きを読み取り、病気の治療につながる心臓や神経の細胞を作る方法を見つける。再生医療や新薬開発に役立つ。同社は一年以内に研究装置として商品化する考え。これまでiPS細胞の研究開発は大学が中心だったが、今後は民間企業の参入も増えそうだ。
 新手法はiPS細胞の働きを電気的に調べる。名古屋大学の協力を得て開発した。iPS細胞から作った心臓や神経の細胞が出す電気信号をとらえ、病気の治療に使える細胞かどうかを見分ける。同社は脳細胞の動きを調べる研究装置をすでに商品化、この技術をiPS細胞に応用した。
 iPS細胞を再生医療につなげるには、得られた細胞の働きを正確に評価する方法が欠かせない。新システムは従来に比べて評価が簡単。研究装置として大学や研究機関に売り込む。”

« 難病の方への発信 | トップページ | 介護の為の辞職回避へ家庭用電位治療器の情報提供及び活用提案 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。