無料ブログはココログ

« ‘奇跡’もある生体電子インパルス療法パワーヘルス、医療費低減に活用しよう! | トップページ | パワーヘルス体験発表例 »

2010年3月18日 (木)

日本経済新聞社本社研究会提言に付加提案

日経より現在の医療介護の閉塞感を打開する包括提言がなされています。その中に、「家庭医」と病院の高度専門医分業制(*下記、引用問題認識箇所参照)があります。「「この提言に「家庭医」の短期有効化に生体電子インパルス療法の電位医療機パワーヘルスを組み合わせる(補助として活用する)を提案しました。家庭用は最高が14000Vで副交感神経の働きが優位になる夜睡眠中に使うことがベストのため、昼間・短時間使用で{家庭医}の補佐機能としてより有効性を発揮させるには、古谷博士の協力・助言を仰ぎ、医療用としてたとえば5万Vの製品を開発活用することを提案いたします。パワーヘルス推薦理由は電位医療機の中で唯一、特A特許(江崎博士発明の半導体活用による)取得品で、家庭用電位治療器の中で最多実績があることです(同業界要確認)。」」蛇足ながら、歴史はパワーヘルス比、ヘルストロンが80年と2倍以上あり先駆者としては不動。パワーヘル以外は、原理から推測すると、いわば‘後発医薬品’でありながら高価格であり、医療性能・品質は、基本的にヘルストロンの域を超えていないと思われ、比較情報が少なく、違い判別が困難な消費者には慎重に選択する必要性が感じられます。

*「病院と診療所との役割を分けて大学病院などは原則、重い病気の入院や手術などの専門医療に専念する体制づくり」、「「病院の外来患者を制限する代わりに様々な病気をひと通り診る「家庭医」を育て、患者はまず家庭医へ行く仕組み」」、「医療現場で生じている問題の多くは、日本人の寿命の伸びや生活習慣病の増加、多様な患者の要望、医療技術の進歩などに制度が追いついていないことに原因がある。高齢化で医療・介護サービスの需要はさらに増えるので制度を早く改める必要性を強調している。高齢化が進み、日本の医療は、がん、心臓病、脳血管疾患の治療に加えて、糖尿病など生活習慣病を中心とした慢性病への対応を迫られている。病気と長く付き合う患者が珍しくない。複数の病気を抱えたり、介護を必要としたりする高齢者も増え続ける。 継続的に診療し、生活習慣などについての指導もしてくれる医師が身近にいることが患者の安心につながる。家庭や地域など患者の背景にも目配りしながら、からだ全体を診察し、必要があれば適切な病院を紹介する。家族のかかりつけ医であり、幅広い年齢や多様な病気に対応できる総合医としての家庭医だ。」

« ‘奇跡’もある生体電子インパルス療法パワーヘルス、医療費低減に活用しよう! | トップページ | パワーヘルス体験発表例 »